賃貸売買のアドライフ
株式会社 アドライフ
TEL 03-5806-4180
FAX 03-5806-7180

営業時間
10:00〜19:00
年中無休
HOME
法人の皆様
オーナーの皆様
売買でのご相談
 
不動産売買の知識
売却をお考えの方
住みかえサポート
住宅ローンについて
住宅購入の申込から
入居まで
 不動産Q&
住宅購入のQ&A
賃貸物件探しのQ&A
お店のご案内
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報の扱い


住宅購入のQ&A◆

中古マンション購入時に、注意するべきことは?

いくつかのポイントを挙げます。
1・立地条件
道路に面している物件であれば、昼と夜の騒音はどの程度か。
日当たりも含めて、曜日、時間をずらして何度か足を運んで確認しましょう。周辺の治安も、できれば近隣の方に確認してみましょう。
2・居住者の様子、家族構成
特に上下左右にどのような方(家族)が住んでいるかは、音の問題などでのちのちトラブルになる場合も多く、チェックが必要です。
3・室内のチェック
まず水回りのチェック。洗面所、キッチン、トイレはもちろん浴室の防水の確認も大事。床の遮音レベル。カビの発生になるので、窓の位置関係で風の通り道も確認しましょう。
4・.管理形態と修繕積立金の状況
管理組合がきちんと機能しているかどうか。共用部の清掃、ごミ置き場や自転車置き場の整理などを見てみましょう。管理人常駐であれば安心感があります。管理費が安い場合、修繕の際に別途かなりの出費になる場合もあります。また近い将来管理費や修繕積立金の値上げが決まっていることもあるので、必ず確認しましょう。

 

住宅購入時の諸費用について?

諸費用については取引形態や資金計画、購入物件によって変わってきますが、
一般的な項目は下記のとおりです。
契約関係
1・契約書印紙代
土地は売買契約書、建物は建物請負契約書にそれぞれ貼付するもので、記入された金額によって変わります。
2・登記費用
土地は所有権移転登記、建物は新築するなら保存登記、ローンを利用するなら抵当権設定登記が必要になります。それぞれの登録免許税は固定資産税評価額によって異なりますので物件が特定されるまでわかりません。その他、司法書士の報酬が加わります。
3・精算金
土地については固定資産税・都市計画税を売主との間で日割精算します。
4・仲介手数料
仲介会社の媒介によって不動産の取引をした時に、業者に支払う報酬のことです。
売買代金の3.15%+6.3万円を上限に請求されます。
5・不動産取得税
建物や土地を取得した際に納める都道府県税。標準税率は4%ですが、取得した時期によって変わり、住宅によっては軽減措置があります。

 

ローン関係
1・事務手数料
ローン借り入れの際の事務手続きにかかる手数料。住宅ローンの場合は、借り入れ金額に関係なく、ローン1件あたりの手数料となる場合が多い。銀行や住宅金融公庫等では概ね3万円から5万円程度です。取扱い金融機関によって金額は変わってきます。
2・保証料
ローン借り入れ時に、信用保証会社への手数料として支払う費用のことです。一般的に借入額が多いほ  ど、高くなります。また借り入れ時に一括して支払う方法と、金利に上乗せして支払う方法があります。
3・火災保険料
物件の所在地、構造などによって保険料が変わってきます。2007年4月より、各損害保険会社の火災保険料が改定されました。
4・印紙代
ローン借り入れ時に、契約書に貼付するためのものです。

 

その他
1・引越代
2・カーテン・照明・エアコン等(付帯物)
※登記費用、仲介手数料、保証料などが大きい金額になりますが、通常は売買代金総額の5〜7%(150〜210万円)+引越・付帯物代金程度と考えてください。

 



Copyright(c)adlife Co.Ltd.2008-2016 All Rights Reserved.